広島市中区袋町でこっとうのお店、『史音(しおん)』を営んでいます。こっとうへの想いや日々のこと等、綴っています。


by antique_shion

<   2007年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

昨日のブログで、ちはるさんの照明器具のお話から、

私も勉強しなくては。と申し上げました。

早速今日は、勉強もかねて(?)大野の石亭さんへお邪魔してきました。


バスで迎えに来ていただいて、玄関先には、一輪のつばきと満開の桜の枝が

私達を迎えてくれました。

お部屋に通されると、お雛様が。c0110647_19342930.jpg















少しして、こっとうの器や現代の器などに

センス良く、上手に盛り付けられて運ばれてきます。


一品一品、気持ちがこもったお料理で、次々と私の前に。

次のお料理はどんなお皿に盛られてくるのかしら??と、

わくわく、待ち遠しいようでした。


庭には、しだれ梅が楚々と立っていて、

満開の花が春の香りをふわふわと撒き散らしているようでした。


食後に庭を散策すると、池に面したところに

ちょっとしたかくれバー(?)がありました。


気に入った音楽を聴きながら、自分で飲み物を作って、いただける場所です。

そこにもアンティーク家具や道具が上手に使われていました。


特に私の目を引いたのは、テーブルの上に置いてあった古そうな黒い桶。

桶の周りにはウイスキーなどがならび、桶の中にはグラスが。


そのたたずまいが美しくって、

和、洋を問わず、組み合わせ次第で楽しく演出すると思いました。


常識にとらわれることなく、あたらしい感覚を取り入れた

こっとうの使い方をどんどん提案していきたいな。


そんな、今日のお気に入りスペース、写真をとりたかったのに、

バッテリー切れ。

今後の抱負は、「準備万端」です・・・。
[PR]
by antique_shion | 2007-02-28 19:35 | 日々のこと

もうウグイスが!

昨日、梅の話をしたら、Nishinayaの女社長様から、

梅の話を読んでいたら、ウグイスの鳴き声が聞こえました。

とのコメントが。

なんだか、うきうきする季節ですね。


史音へ通う道すがら、右に左にきょろきょろと見ていると、

パステルカラーのピンク、イエロー、グリーンと、ブティックのウインドーの、

春らしい色のさわやかなこと。


気持ちがすっかり舞い上がり、史音のウインドーも

春色に模様替えしちゃいました♪



最近は、タレントのちはるさんが、本で電気のかさを紹介したとかで、

若いお客様からのお問い合わせが、少し増えました。

史音にも、40~60年くらい前の電気のかさがいくつかあります。

ピンク、黄色、ブルー、白と、綺麗な色は

気持ちをゆったりさせてくれます。



心もすっかり、春色に模様替え。

寒い寒いと、閉じこもらずに、どんどん外に出て、

いろんなことを吸収していきたいですね。


まずは、ちはるさんの本を読んで、どんな風に使っていらっしゃるのか、

勉強するところから!!
[PR]
by antique_shion | 2007-02-27 21:19 | 日々のこと

梅の美しさに感動!

昨日は、実家に帰っていたので、ブログお休みしちゃいました!
楽しみにしていた人(いるかな???)ごめんなさい☆

今日は、東広島から、懐かしいお客様が、ご来店くださいました!

元気にされていたんだ、と、思うと同時に、

史音のことを忘れないで、立ち寄って下さった事、本当に嬉しかったな☆

さてさて、今日は、店の中は肌寒かったのですが、店の外に出ると、

ポカポカと暖かくって、とても気持ちよかったです。

でも、冬の寒い間は気づかなかった、ドアやウインドウのガラスが、

とても汚れているのに気づきました。

いやあ、綺麗にしなくってはと、掃除道具を持ち出して(プチ)大掃除!!

春の日差しは、ぼろを目立たせてしまうのかも・・・。

お掃除が苦手な私には、ちょっと不安な季節の到来・・。


そうそう!!梅も、満開な頃ですので、今日は続きを。


冬の間は、蕾の状態で極寒(ごっかん)に耐え、春に花を咲かせます、

そんなことから、どんなにつらい出来事も、頑張り乗り越えれば、

花となり、実となる、と言う意味になり、縁起が良いとされました☆

梅がこの様に、もてはやされはじめたのは、江戸時代になってからの様です。

先日お話した竹は、室町時代になってから縁起の良いものと考えられたようで、

実は、「松竹梅」は、「縁起が良いもの」として考えられた順番に従って

この呼び名ができたみたいですよ。


少し背景を知って、「松竹梅」を見ると、

その美しさをさらに堪能できそうな気がしますね。


もう、広島の一部では、さくらんぼの付く桜が咲き始めたみたいですね。

春があっというまにやってきます。

あったかくなるのが嬉しいような、変な天候で心配なような。


明日も晴れのようですね。

皆様にとって良い一日でありますように。
[PR]
by antique_shion | 2007-02-26 23:25 | こっとうのこと

今日は朝から・・・♪

今朝、出勤のとき、ふと車の窓から外をみると、

なんとなんと。

右肩上がりに、心地よさそうに、ぽかぽかもこもこした雲が浮いていました。

あぁーー。今日は良い一日になりそう♪
c0110647_2251268.jpg













と思ったら、本当に素敵な一日になりました。

まずは、コーヒーを買いに出かけたNishinayaさんにて。

コーヒー屋さんって、私のコーヒーの知識がゼロ・・・なので、なかなか

敷居が高くって、これまではどうも、ちょっと遠慮する部分がありましたが、

いつもブログにコメントを下さって、史音へも訪ねてきてくださったおかげで、

敷居がまたぎたく(?)なったんです!

香ばしいコーヒーの匂いに、うっとりする素敵な空間でした。

他にもブログをやっていらっしゃるという方にも出会い・・・。

楽しい会話もそこそこに、主人に店番をさせているので、早く帰らなきゃ・・・。

と、惜しみつつNishinayaさんを後にしました。


お店へもどると次は、このブログを見つけてくれて、

訪ねてきてくれたマリリン様との出会い。

本当はもうちょっと、ゆっくりお話したかった!!


新しい出会いをもたらしてくれるなんて。ブログを始めてよかった!


そんなこんなで、あっという間に夕暮れ。

楽しい一日を送れました。


あ、あれ?本当は今日は梅のお話の予定でしたが、もう長くなっちゃった・・・。

明日に持ち越させてくださいね。

せめて昨日お話したアイビーと大きなワイングラスの写真を・・・。
c0110647_2262649.jpg
[PR]
by antique_shion | 2007-02-24 22:13 | 日々のこと

アイビーの枝を・・・

こんばんは。

ずいぶん暖かい今日この頃ですね。

娘に、バレンタインデーに花束が届いたのですが、

「お店に飾ったらどう?」という嬉しい言葉に甘えて飾らせてもらったら、一日でぱぁっと

花が開いてしまってすぐにしおれてしまいました。

異常気象ですよね・・・。


そんな気候変動にも負けずがんばって育っている(というか、「自生」してすくすく育っている

アイビーを、出掛けに今朝切り取ってお店へ持って行きました。


仕入れたばかりの巨大ワイングラスに、主人がさりげなぁーく、アイビーを挿していました。


夕方ちかくに来られたお客様が、

「アイビーも、こうして飾ると生きてくるねー。真似しよ!」と、喜んで帰っていかれました。


主人は大満足。

俺、すごいだろう。と、自慢げな目線が・・・。


今日は私も認めざるを得ませんでした。

うっかり写真を撮り忘れたので、明日は報告しますね!ご期待を!(?)


あらら、今日は竹と梅の予定だったのに・・・。

竹について、今日は続きを書きますね♪


竹は、とにかく、まっすぐ、勢いよく伸びる!!すくすく!!

風が吹いても、しなって上手にかわしますね。

これをみて、

竹はどんなに厳しい状況でも、人生をまっすぐ進むということで、おめでたいと

考えられました。


日本では、室町時代ごろから、縁起が良いものとされたようですよ。


破竹の勢いとか、竹にまつわる言葉はたくさんあるように思いますね。

御節などにも、筍の煮物など、やはり欠かせませんよね。


こういった、ゴロのよさは、日本語ならではかと思います。

言葉を大切にすることは、古来の考え方(思想というと、ちょっと言葉が強いような

気がしますが・・・)を大切にすることにつながることも、

あるかもしれませんね。



明日の梅で、松竹梅シリーズは一段落♪




明日の史音もお楽しみに♪
是非、クリックしてください。励みになります。
[PR]
by antique_shion | 2007-02-23 23:32 | こっとうのこと
今日はこっとうの豆知識☆を話してみようかな。


家で、普段使いしているお皿があります。

ぱっかりと割れてしまっていて、商品にするにはちょっと・・・。というものを、

家用で使用しています。

それは、古伊万里のこんなお皿。
c0110647_23245396.jpg

















さて、古伊万里とは、伊万里焼の古いもの、大体江戸時代のものをさして呼ぶ名称です。

そんな古伊万里の見込(みこみ:中心の意味)には、

この写真のお皿のような松竹梅の図柄が描かれていることが

よくあります。この松竹梅の図柄は、歳寒三友(さいかんさんゆう)と呼ばれ、

おめでたいものとして中国から伝わってきました。


日本では、松は、平安時代からおめでたいものとされており、

不老長寿の意味もあります。

松は、針葉樹で、寒さに強く、一年中緑ですね。

昔は、神様の力で緑色を保っていると思われていたようですよ。

そのことから、神がやどる木と呼ばれていたようです。



鶴、亀、松 等、日本の図柄は、長寿を望むものが多いですね。

先日は母の誕生日でした。

今更ですが、親孝行にはげみます!!

「竹・梅」は、明日に続く!!



明日の史音もお楽しみに♪
是非、クリックしてください。励みになります。
[PR]
by antique_shion | 2007-02-22 23:46 | こっとうのこと
こんばんは。

いつもブログを読んでいただいてありがとうございます。

史音はお休みの今日、一日、主人の車で広島を東から西から、仕入れのために

走り回っておりました・・・。今日は疲れました・・・。

(なんて、私はペーパードライバーですから、疲れたのは俺だと主人に文句を言われそう!!)



疲れ果てた私たち、スーパーで目に付いたスイーツを、

糖分で体力回復・・・って、思ったのでしょうか、思わず購入。

2種類買って、家で家族3人で、食べ比べをしました。


ひとつは、ロイヤルカスタードプリン。

黒いフィルムを開けると真っ白のプリン。

これに、別添のカラメルソースを上からかけて食べます。

ソースには、バニラのつぶつぶが見えるほど!(だと、思うのですが)

口に入れると、舌にとろけて、ふわぁーんとバニラの風味が広がります。

おいしい~~♪


次に、「贅沢あずき」。

とろ~りクリーム・抹茶プリン(?)・あずきと、3層になっていて、

これがまた!口のなかでふんわりとろけて、ハーモニーが素敵!!

c0110647_2355458.jpg







「とろける和」および、「とろける洋」の 品評会の結果、今回は贅沢あずきの勝ち!でした。

史音ファミリーは、和菓子のほうがお好みの様子。

本当なら、伊万里の器に入れたら最高だったのに!と、食べた後で思い出しました。

残念。


わいわい、がやがや、

家族でいられて何より。今日も幸せです。

家族に乾杯!(つるべいさんじゃありません。)




明日の史音もお楽しみに♪
是非、クリックしてください。励みになります。
[PR]
by antique_shion | 2007-02-21 23:10
昨日、こっとうを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

と、申し上げましたが、これが私のお店のモットーになっています。

はじめは、「ちょっとおしゃれなこっとう」を扱うことを目指して、

「おしゃれこっとう」の史音としてスタートしたんですけどね。

本当に初めての商売でしたから、お店を始めてから、いろんなことを勉強しました。

(ちょっとずつまた、こっとうの種類や時代についてなど、ご説明していきますね。)


お店を構えたことで、こっとうに触れる機会が格段に増えるなかで感じたことは、

お客様のもとに行った、私の選んだ商品が、

生活の中で使われることによって、さらに輝きを増しているということです。


こっとうが、これまで背負ってきた背景に、プラスアルファ で、

現代に使うお客様の愛情で、きらきらしています。


生活の中のこっとうの素敵さに魅了され、おしゃれこっとうから、

生活こっとうの史音に、変化を遂げました。

これからも、毎日の生活に潤いをもたらす素敵なこっとうを、探してきますので

是非ご期待くださいね。





明日の史音もお楽しみに♪
是非、クリックしてください。励みになります。
[PR]
by antique_shion | 2007-02-20 23:28 | こっとうのこと

こっとうのいろは(?)


今日は、史音へ初めていらっしゃるお客様から、よくいただく質問に、

ブログで答えてみようと思います。

一番良く聞かれるのが、これ。

「初めてこっとうの器を買うんですけど、どんな器を購入したらいいんでしょうか・・・。」


私から、この質問に対してお答えするのは、このようなもの。

「時代が古ければいいというものでも、

値段が高ければいいというものでもなく、

自分が、どういう料理をその器に載せたいのか?を考えて、

店主に相談しながら、自分が欲しいと思うものを選ぶのが、

一番良いのではないかと思います。」


こっとうは、もちろん、飾ることも用途のひとつではありますが、

使ってこそ、その価値を発揮するものだと、私は思っています。


高すぎて使いにくい、買ったはいいけれど、どうやって使っていいかわからない。

そうして、食器棚に眠らせるより、

是非、『使うため』の、自分のお気に入りこっとうを

生活に加えてみてはいかがでしょうか。




明日の史音もお楽しみに♪
是非、クリックしてください。励みになります。
[PR]
by antique_shion | 2007-02-19 23:55

おひな祭りパート2

昨日に引き続き、今日も史音ではおひな祭りを楽しみました。

お菓子、甘酒、あられにコーヒー。

たくさんのお客様にお越しいただき、本当に幸せです♪


もうひとつのお菓子がこちら↓
c0110647_2210376.jpg















今回のお菓子を作ってくださったのは、

お友達のフードコーディネーターさん。

お菓子は、最近増えている食物アレルギーに考慮して、薄力粉を使わない!お菓子

だったんです。

米粉、豆腐、白玉粉といった粉類を利用して。

こうやって、気配りをしていただいて、お菓子を作っていただいて、

本当に良かった!!って、思います。



こうやって、今日はお客様の絶えない一日でした。

さて、史音は、冬の間6時でお店を閉めていましたが、

ほんのちょっと、30分ほど開店時間を延長しました。

日が伸びてきましたもんね♪

明日から、また、通常営業です。これからも、楽しいお店作り、

楽しいブログ作りに、励みます!!



明日の史音もお楽しみに♪
是非、クリックしてください。励みになります。
[PR]
by antique_shion | 2007-02-18 22:18 | イベント☆